読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿野順一の映画・ドラマ評論。

阿野順一、33歳独身。好きなドラマや映画、バラエティ等々・・・好きなものをこのブログに綴っていきます。

型破り弁護士が痛快すぎるリーガルハイというドラマ

こんにちは、阿野順一です。


今回ご紹介するドラマはフジテレビで放送された弁護士ドラマ、リーガルハイです。シーズン2の平均視聴率が18.4%を記録したこのドラマ、毎回楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。


なんといっても堺雅人さん演じる古美門研介が痛快の一言です。

自身の欲に突っ走りながらも担当した事件は負けなし、高額な報酬を要求しても依頼をきっちりこなす姿は見ているだけでストレス解消になりました。

ヒロインの新垣結衣さんとのコンビネーションも抜群で、恋愛要素をほぼ絡めない辺りはストーリーに自信があったことを窺わせます。


このドラマの楽しみの1つに、古美門研介の長尺のセリフがあります。

5分以上もノーカットでしゃべり続けるシーンは今でも語り草です。そのような長いセリフは必ず決めのシーンに使われていたので、印象に残っている方も多いでしょう。

 

堺雅人さんはセリフが長く印象的なものになるように積極的に演出提案をされていたそうです。演技派といわれる所以が垣間見えるエピソードですね。


言いたくても言えないことを、躊躇うことなく言葉にして勝利する古美門研介はある意味で法曹界のヒーローでした。続編を希望します。