読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿野順一の映画・ドラマ評論。

阿野順一、33歳独身。好きなドラマや映画、バラエティ等々・・・好きなものをこのブログに綴っていきます。

ごくせん2008に衝撃をうけた!

こんにちは、阿野順一です。


今回はごくせん2008の視聴感想と舞台になったロケ先について語りたいと思っています。
ごくせんについては初回や続編に続いての三回目ということで、定番のネタを踏まえつつも成長したヤンクミの動向、複雑化する社会情勢や高校生たちの問題を押さえつつ、最終的には爽快感のあるすっきりとした終わり方をするのが気持ち良くなっています。

情熱や友情、努力、そういったちょっと古臭いものも素敵に思えてくるのが魅力のひとつで、こんな先生にめぐりあいたかったと感じることもあるはずです。


学生なら自分自身の現状を、社会人ならノスタルジックな気持ちになる、さまざまな年代で楽しめるドラマになっています。


そしてロケ先となっている川崎ですが、神奈川県の中で横浜市に次ぐ大都市であり、同時に工業地帯として有名で、最近では工場見学を楽しまれる方も増えています。

他にも大型のショッピングプラザがあり、藤子不二雄ミュージアム明治大学の資料館、伏見稲荷神社など見どころが満載となっています。 

 

グルメスポットも多く、ごくせんが好きならドラマの舞台となったロケ先の聖地巡礼を行いながら、工場見学やショッピングを楽しむのがおすすめです。