読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿野順一の映画・ドラマ評論。

阿野順一、33歳独身。好きなドラマや映画、バラエティ等々・・・好きなものをこのブログに綴っていきます。

天皇の料理番は阿野順一のおすすめドラマ!

天皇の料理番は、元々杉森久英原作の小説であり、三回ほどテレビドラマになった経験のある小説の一つです。

実際に存在した、宮内庁の料理人を主人公に青年期から、料理長になるまでを細かく描いた作品になっており、原作の時点でかなり面白みを感じました。


阿野順一は、ドラマについて思うことがありますが、最近のドラマはあまり作りこまれていないため毎週見たいというドラマはないように思えます。

しかし、天皇の料理番に関しては、どこか惹きつけられるものがあったために、最終話まで見てしまいました。


主人公である秋山徳蔵にはどこか共感する部分が有り、料理人というものが苦労をするのかということを感じさせてくれました。


実際に見てて思ったのですが、ごく普通の少年が努力を重ねて宮内庁の料理長を務める姿を見ていると、どのような身分でも努力すれば一流の両人になれるのだということを学びましたよ。

そのため、ドラマの脚本としてはかなり面白い内容になっていると思います。

また、主人公を務めるのは佐藤健であり、イケメン俳優として名高いのですが、彼の演技はどこか惹きつけられるものがあって、毎週毎週録画してまで見たいと思うドラマでした。

少しコメディチックな内容も入っているため、固すぎないドラマだった印象です。